コラム

オアシスの扱い方のコツ

フラワーアレンジメントの基礎-オアシスの基本的な使い方とコツ

オアシスの基本的な使い方

フローラルフォーム(オアシス)レギュラータイプ1個

今回は、フラワーアレンジメントを長持ちさせるオアシスについての基本的な使い方とコツをお伝えいたします。

フラワーアレンジメントをいただいた時に、緑色の物体にささっているのをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

これはオアシスと言って、給水した状態を保てる給水スポンジと言われるものです。

オアシスが入っているボックスの写真

オアシスと呼ばれることが多いですが、実はオアシス社の登録商標がそのまま流通名になったものです。

オアシスを花器に入れる

花器にオアシスをいれます。

四角いオアシスを写真のような花器に入れる場合は、ナイフでカットします。

使用するナイフは、オアシスナイフと呼ばれるものがありますが、パン切りナイフやカッターでも簡単に切れます。

花器の直径に合わせて切りはじめましょう

オアシスは文字が書いてある方を上に向けて使います。

理由は、文字の側に防腐剤や葉の黄変防止剤が塗布されているからと言われています。

文字が書いてある方を花器の底辺に押し付け、形を取りましょう。

オアシスに花器の丸い形が付きました。ここから切り落としていきます。

斜めに切り落とす。上から見たところ
斜めに切り落とす 横から見たところ

花器は下にすぼまった形をしていますので、斜めに切っていきましょう。

四隅を切ったら、四方も斜めに切り落とす

花器に納まるように、斜めに切り落としていきましょう。この時、花器の中に沈みこまないように、斜めに切る位置を文字が書いてある1.5㎝程残して切り落としてくださいね。アレンジするときに、1.5㎝ほど花器から上に出ていると、横からもグリーンや花を挿すことができます。

花器にきれいに入りました。
横から見たところ。1,5センチ位下記の上に出ています

花器にきれいに入りました。

オアシスに給水させましょう

オアシスに給水させる場合は、ボールやバケツなどに(水が張れれば何でもよい)水を張って、オアシスをそっと水の上に置いたら手を離しましょう。

手で押さえつけたり、上から水をかけたりしないでくださいね。表面にいちど水分が浸透したら、奥まで水を給水できないから。

ボールに張った水の上にオアシスをそっと置く
そっと手を離しましょう
オアシスがゆっくり沈むまで待ちましょう。手で押さえたりしないでね。
完全に沈みました。

オアシスに給水させるときにやってはいけないこと

オアシスを無理に水に沈めてはいけません。表面の色は変わるので、勘違いしやすいですが、無理に沈めたりすると中まで給水できないのです。

無理やり手でオアシスを沈めてみる。泡が出ています。
沈まずにぷかぷか浮いています。一度この状態になったら給水しないので要注意です
取り出して真ん中で切ってみました。

切ってみると、給水できていないことが分かります。この状態で花を挿すと、花はすぐに枯れてしまうでしょう。必ず、沈むまで待ってくださいね。

花器にオアシスをセットできました

オアシスに給水できたら、花器の中に入れましょう。ボールの中から持ち上げると、ずっしりと重くなっていると思います。オアシスへの給水がうまくいった証拠です。

横から見たところ。オアシスが1~1,5センチ位出るようにセットしました

オアシスを購入できるところ

オアシスは花屋さんで1個から購入できると思います。ホームセンターの園芸のコーナーにも置いてあるところが多いと思います。ネットでも購入できますのでチェックしてみてください。

近年は100均でも売られていますが、試しに使ったことがありますが、花の持ちがよくないようです。

できればオアシスやアクアフォームといったメーカー品が手に入ると、より長くアレンジした花を楽しんでいただけると思います。

おわりに

オアシスの扱い方がお分かりになられたでしょうか。

コロナ渦で、おうちで過ごすことが多くなってお花を楽しみたい方が多くなってきたそうです。オアシスや花の茎の切り方を覚えて、気軽にお花を楽しんでいただけたらと思います。

ご参考にしていただけましたら幸いです。

オアシスをセットした後のアレンジの作り方は、下記をご参考になさってくださいね。

水切りの仕方【フラワーアレンジメントの基礎】

 

フラワーアレンジメントを作る時に必要な道具

体験レッスン~入会までの流れ

体験レッスンお申込みの流れ
入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。
また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。
入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

関連記事

  1. クリスマスリースに使えるグリーン
  2. お正月アレンジの作り方と飾り方
  3. エバーグリーンのクリスマスリース
PAGE TOP
PAGE TOP