コラム

水揚げの方法

【お花の基礎知識】花を長持ちさせる水切りと水揚げの方法とコツ

水切りをするとこんなに違う!花を長持ちさせる水揚げの方法

「せっかくいただいた花束が家に帰る前に萎れてしまった・・」とがっかりされた経験はありませんか?

切花がたっぷりと水を給水できるようにするための作業を「水揚げ」といいます。

花を花瓶に生けるとき、
庭の花を摘んだとき、
フラワーアレンジメントを始める前に
水切りをすることで、より長くお花を楽しむことができます。

今回は水揚げ方法の中でも、簡単に出来る水切りをご紹介します。

水切りの原理と知っておくべきコツ

水切りとは、水を張ったボウルやバケツの中で植物の茎をカットする水揚げ方法です。
水の中で茎をカットすることにより、水圧で茎の中の空気を押し出し、水あげの効果を高めます。

水がしっかり上がるように、茎の先は深めのボウルやバケツの底(きちんと水に沈めて)でカットしましょう。またカットは吸水面積を広げるために、なるべく斜めに切ります。

バラを長持ちさせる水切りの方法

新鮮なバラは、きちんと水揚げ処理ができれば、10日から2週間、冬場でしたら3週間近くは保つお花です。

新鮮なバラを選ぶポイントは、花が開ききっておらず中心部分が硬いこと。
開ききったバラは咲き終わりに近いので避けたほうが良いでしょう。

写真をよくみると、押し出された空気の泡が見えますよね。
これが茎の中の水分を運ぶ管「道管」から出た空気です。
空気が押し出されることにより、水が上がりやすくなります。

バラの水揚げ方法は、ご紹介したような水の中でできるだけ斜めに切る他、
水切りしたあとにガスバーナーの火に10秒くらい当てて切り口を焼くという方法があります。

もっと簡単な方法では、萎れてしまったバラを洗面所に水を張り、
浮かせておくだけで元気になることがあるのでやってみてくださいね。

ラナンキュラスを長持ちさせる水切りの方法

花びらが薄く茎が細く、非常に繊細に見える花ですが、水が上がれば開花と共に大きく開き長持ちします。

新鮮なラナンキュラスを選ぶポイントは、蕾の状態のものを選ぶこと。
小さい蕾のものは開花しても小さめで、大きな蕾のものは開花すると大きくなります。

水揚げ処理は水切りだけで大丈夫です。新鮮なものでは2週間程咲く強い花です。

アルストロメリアを長持ちさせる水切りの方法

アルストロメリアは非常に強いお花で、きちんと水が上がれば2~3週間かけて、最後の蕾まで咲いてくれます。葉は比較的弱いので、茎についている下葉は取り除いておきます。

新鮮なアルストロメリアを選ぶポイントは、雄しべの先を見て粉が吹いていないものを選ぶこと。開花に伴い百合の雄しべのように粉を吹きますので、選ぶときは注意してください。

水揚げ処理は水切りだけで十分長持ちしてくれます。

切り花も正しい水切りで長く楽しめる!

いただいたり買ったりしたお花が長く持たない…という話をよく聞かれます。
お水がなくならないように足してあげて、すこし元気がなくなってきたな…と思ったら水切りをしてあげると、
見違えるように元気になり、長持ちしてくれますよ。

正しい切り方で花の処理ができたら、次に大切なのは水の量と飾る場所です。

こちらのコラムに、詳しくご紹介しています。ご参考になさってください。
↓↓↓
関連記事:【花のある暮らし初心者向け】簡単にできる!花のある暮らしをはじめる方法と具体例

関連記事:フラワーアレンジメントの土台 フローラルフォームの使い方

フラワーアレンジメント 体験レッスン

教室の雰囲気やレッスン内容を確認されたい方のために、体験レッスンにご参加いただいております。作ったアレンジメントはお持ち帰りいただけます。必要なものはすべてご用意しておりますので、手ぶらでお越しいただけます。(お持ち帰り用バックをプレゼント)
フラワーアレンジメントの資格取得を目指したい方もお気軽にご相談ください。ご入会は随時。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。
◆ご参考◆
*レッスン日 水曜~土曜日 *10時 *13時 *15時(15時のみ設定のない日がございますのでご相談くだいさい)
*オンラインレッスン *木曜日 15時 *日曜日 10時・13時
レッスン日は固定ではありませんので、毎月上記の曜日、時間の中から自由に選べます。月1回からレッスン可。試験対策は週1回、週2回、1回に2レッスンなど、あなただけのレッスンスケージュールを組んで進めていくことができます。
(上の黄緑色の説明アイコンを押すと体験レッスンのページに飛びます)

関連記事

  1. お供えのお花のお手入れ法
  2. お盆のお花
  3. ガーベラの切り花を長く持たせる方法
  4. チューリップの切り花
  5. 『切り花を2週間長持ちさせるはじめての花との暮らし』
PAGE TOP
PAGE TOP