ブーケを束ねるレッスン【アトリエフィーズ 西宮市】 | アトリエフィーズ


ブーケを束ねるレッスン【アトリエフィーズ 西宮市】

2019年6月8日




アトリエフィーズのイギリススタイルレッスンのなかでも人気のあるハンドタイドブーケ。
 
実際にイギリスのウェディングではハンドタイドブーケが主流です。
今回は2019年5月に仕入れてきた新しい作り方を使って、ブーケレッスンをいたしました。

 
 

ハンドタイドブーケのつくり方

花やグリーンの選び方

 
 
お花を選ぶときは、複数の花材を1~3本づつくらいを用意します。
今回はバラが3種類にアジサイとシャクヤクです。
できれば茎がしなやかなものがあればもっとナチュラルな感じが出ます。
グリーンも2~3種類使います。
今回は姫水木、キイチゴ・ベイビーハンズを使いました。
 
 
お買い求めになる時は、入荷日を確認して新鮮なものを購入してください。
季節の花はその時の気候に順応していますので、長持ちしますね。
枝を使う場合もそうです。5月や6月は瑞々しい葉物の枝がたくさん出回ります。
 
 
初夏のグリーンは、水木やキイチゴの他にも、スグリやブルーベリーの枝も出回ります。
ドライフラワーで人気のあるスモークツリーも、6月の今ならフレッシュな状態で見ることができますよ!
柔らかくて感動します。
注意;スモークツリーはウルシ科ですのでお肌が弱い方はご注意くださいね。(素手でさわらないとか)
 
 

ハンドタイドブーケの作り方

 
枝先に組んでベースを作ります。
そこにスパイラルになるように花を重ねていきます。枝の真ん中を目指して、後からお花を挿していってもOKです。
枝の流れをよく見て、自然な形を意識して作るとナチュラル感あるブーケが出来上がります。
 
ポイント
 

1.最初に茎についている葉っぱや小枝を取り除きます。
2.重ねる方向と回す方向を同じにします。
3.高低差を付けて組みます。

おわりに


ハンドタイドブーケは一見簡単そうに見えますが、上手になるには、手が慣れるまで繰り返し練習することをお勧めいたします。
方向を一定に回しながら重ねながらスパイラルに組みますと、力を入れなくても崩れないはず。
握っている場所より下の茎が、横から見た時に扇形に開いているかもポイントです。
あなたもぜひ挑戦してみてくださいね!

◆アトリエフィーズのハンドタイドブーケコース



体験レッスン~入会までの流れ

入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。

また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。

入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

trial

ban_trial


«  
c西宮でフラワーアレンジメントの資格取得なら アトリエフィーズ All rights Reserved
*アトリエフィーズは、一般社団法人Flower Works Japanの代表理事校です*