コラム

ユーカリのリースの作り方~生からドライへ

ドライユーカリのリースは、ナチュラルで素朴な雰囲気が素敵です。

でも、ドライになったユーカリは、作るときに割れやすくて、枝も固くて切りにくいですね。
そこで、生のユーカリをそのまま使ってリースを作りたいと思います。

ユーカリのリースのつくり方

ユーカリの選び方

ドライユーカリのリースを作るんだから、どんな状態のユーカリでも大丈夫じゃない?
と、お考えの方も多いと思いますが
新鮮な状態のユーカリで作ったほうが、美しいドライリースに仕上がります。

理由は、古くなって茶色くなったところは茶色いままにドライになります。
新鮮なものはゆっくりくすんだグリーンのまま、ドライになっていきます。

ですので、お買い求めになる時は、葉先までシャンとして葉も茎も柔らかいものをご購入くださいね。
花屋さんで売っていますので、丸葉ユーカリかグニーユーカリがつくりやすいと思います。

ユーカリリースの作り方

枝をくるっと円にして、麻紐やワイヤーで数箇所止めたら簡単にできるものもありますね。

今回作ったのは、別の方法で、籐のリースベースにグルーガンで生のユーカリを切って貼り付けてあります。
長年教えてきて、この方法が一番きれいな形に作れると思います。

手順

1.ユーカリを5~8センチくらいに切り分ける。

2.切ったユーカリをリースベースに、まんべんなく貼っていく。
一箇所から集中して貼らずに、いろんなところに貼ってください。
ポイントは角度と貼る位置を変えること。
リースの横にも忘れずに貼りましょう。

ユーカリリースを飾る前に

大事なことをお伝えします。

出来上がったフレッシュユーカリリースは、すぐに壁に掛けないで
必ず2,3日テーブルやチェストの平面な上で乾かしてから、壁に飾ってくださいね。

理由は、いきなり壁に飾ると、柔らかい葉先が全部下を向いてしまうから。

この一手間をかけるだけで、形の可愛いドライユーカリのリースが出来上がります。

ユーカリの飾り方

テーブルの上に飾って、真ん中にキャンドルを置いたり
(ドライフラワーは燃えやすいので、火をつけている間は必ずそばにいてくださいね)
壁に飾ってください。

ドアも可愛らしいのですが、振動で貼ったユーカリが落ちたりする可能性が高いのでやめたほうがいいですね。

玄関ドアの外に飾るのも、外気と日光による劣化が激しいので
できれば、直射日光の当たらない壁が、きれいな状態で長く楽しめると思います。

おわりに

フレッシュなユーカリから、ドライユーカリのリースを作る方法が伝わりましたでしょうか。
種類が違うユーカリを使うと、イメージが変わりますので
いろんなユーカリを使って作ってみてくださいね!

体験レッスン~入会までの流れ

体験レッスンお申込みの流れ
入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。
また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。
入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

関連記事

  1. スーパーマーケットで購入したお花を飾る方法
PAGE TOP
PAGE TOP