コラム

道の駅で購入した切り花を使ったアレンジの作り方~ナチュラルなバスケットアレンジ

5月も半ばが過ぎて、気候の良い日々になりました。
2020年5月、兵庫県も緊急事態宣言も解けたので、道の駅にお買い物に行ってきました。
野菜とともに売られている切り花を、4束買ってアレンジを作りましたので、ご紹介いたいと思います。

道の駅で販売している切り花について

道の駅で購入した切り花で作ったバスケットアレンジ

道の駅で売っ

道の駅で販売さ入れている花は、大きく分けて2つあると思います。花農家さんが作られてた花と、野菜を育てる農家さんが畑や庭で育てた花。
どちらかといえば、花農家さんが育てた花の方が長持ちするようです。
庭で育てられた花は、野趣味があり、茎が曲がっていたり短かったりしますが、とてもお安く購入できます。
一長一短ですので、お近くの道の駅に行って、ぜひ花を観察して購入してみてください。

切り花を購入するときに持っていく便利な物

道の駅が近所にある時は良いのですが、時間がかかる場合も多いのではないかと思います。私は車で片道1時間半のところにある道の駅を利用しています。切り花を買った時ように、車にバケツを積んでいます。洗面所などで水を入れて、茎の先を水につけて持ち帰ります。
バケツがない時は、ビニール袋を2枚重ねにして洗面所などで水を入れて、切り花の茎を水につけて持ち帰ります。
花の茎を空気中に長く置くと、蒸散(葉などにある気孔から呼吸と同時に水分が逃げる)の作用で萎れる原因になりますから、なるべく早く茎を水につけてあげてくださいね。

切り花を家に持ち帰って1番最初にすることとは?

茎の葉を取り除こう

セロファンを外して、茎から葉を取り除いてください。
花瓶に挿すなら、花瓶と同じくらいの茎についている葉すべてです。
ハサミで切って良いですし、手でちぎれるならそれでも良いです。
とにかく葉を整理すること。これができたら花の寿命が延びます。
葉を取る場所は、花から20センチ位下についているものは、すべて取りましょう。理由は葉が水に浸かると腐りやすく、水が汚れて(雑菌が増えて)茎が腐り
花は早くに萎れたり枯れたりするからです。

水切りをしてたくさんの水につけよう

葉を取る処理ができたら、花瓶の2倍の長さに切ってから、茎の先1センチを
水を張ったボールの中で斜めに切りましょう。
この作業を水切りといいます。(切り方はこちらを参照)
茎から水を吸い上げやすくなります。
その後たくさん水を入れたバケツや花瓶に、茎の丈の半分くらいを1時間くらいつけておくと花はシャッキリ元気になります。

花瓶に入れる水の量について

しっかり水が上がったあと、一度水を捨てます。
花の量に合わせて、花瓶にきれいな水を注ぎます。(水道水でOK)
花瓶に花を飾る場合は、茎の先が5センチ~10センチ浸かればOKです。
水量5㎝の目安は1本~5本くらいまで
水量10センチの目安は5本~15本くらいまでと考えてください。

道の駅で購入した切り花で作るバスケットアレンジの作り方動画

今回道の駅で購入したのは、初夏に咲く切り花です。
*シャクヤク サラベルナール
*デルフィニウム・ラクスパー(千鳥草)
*枝スィートピー
*ニゲラ

レッスン動画を撮りました。
購入した切り花4束でこのボリュームが出来上がりました。
あなたも楽しんで、気軽に始めてみてくださいね!

体験レッスン~入会までの流れ

体験レッスンお申込みの流れ
入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。
また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。
入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

関連記事

  1. 小さな庭のガーデニング
  2. 花のある暮らしの始め方
  3. お正月アレンジ
  4. チューリップのおゃれなアレンジの作り方
PAGE TOP
PAGE TOP