コラム

チューリップのおゃれなアレンジの作り方

【花のある暮らし】庭に咲くチューリップのアレンジ方法とおしゃれな飾り方

3月末から4月頃の桜が咲くころ、庭やプランターに植えたチューリップも一斉に咲き始めます。今回はたくさん植えたチューリップを6本だけ切って、アレンジメントを作ってみました。
そのアレンジの作り方と、切り花のチューリップの扱い方をご紹介いたします。

切り花のチューリップのおしゃれなアレンジの作り方

庭からチューリップを摘んでこよう

庭に咲いたチューリップを摘んで

このアレンジを作ったのは、2020年4月の事。
50球植えたチューリップが一斉に咲いたので、一緒に植えているハーブも摘んでアレンジを作ろうと思いたちました。

庭からチューリップを摘む
切り取る時は、地面からすぐのところでチューリップの茎を切りました。

イギリススタイルアレンジはグリーンで形を作ってから

イギリススタイルアレンジメントはグリーンから挿します

イギリススタイルアレンジの特徴は、グリーンから挿します。
写真のように、花器にオアシスが1~2㎝出るようにセットしてから、横から挿します。上から見た時に、円を描くように挿すのがポイントです。

チューリップをオアシスに挿す時のポイント


チューリップのアレンジメント

切り花にしたチューリップをオアシスに挿しましょう。
チューリップの茎の先は水平に切るのがポイントです。球根の花は、茎が柔らかい特徴がありますので、斜めに切らない方が挿しやすいからです。花瓶に挿す場合も同様です。

チューリップの茎が曲がる時は?

チューリップの茎が柔らかいので、花の重さにより茎がしなり曲がります。こういう場合は、しなりに逆らわず花がなびく方向に自然に見えるように挿したり、生けたりしましょう。

またチューリップは、アレンジした後も茎が成長し伸びますので、伸びた分茎を切るとバランスが保てます。暖かい部屋に置くと一晩で10センチ位丈が伸びたりしますので、気温の低い部屋に置く方が長く楽しめるでしょう。

ビオラも切り花にしてアレンジに入れよう


チューリップのおゃれなアレンジの作り方

庭に咲いていたビオラも一緒にアレンジしましょう。丈が短いので、なるべく地面に近い茎ごと切り取ると長持ちします。
ビオラやパンジーは、近年切り花としても人気です。花だけですと、1日で枯れますが、茎ごとアレンジすると蕾が次々に咲き、長く咲いてくれるでしょう。

チューリップのアレンジ

庭から切ったチューリップのアレンジが完成しました。

隙間にグリーンを挿しています。この時、チューリップよりグリーンの高さを低くすることで、庭のグリーンの間からチューリップが生えているような風情が表現できると思います。

チューリップの切り花としての楽しみ方


春の花を楽しむ

チューリップのアレンジを飾る最適な場所は?

チューリップは切り花にしても、意外と長く咲きます。庭から切った新鮮なものですと2週間くらい綺麗です。

先にも書きましたが、チューリップは暖かい場所に飾ると、切り花にした後も成長して丈が伸びますので、なるべく気温が低い場所の玄関などに飾るのがお勧めです。

ティータイムを楽しむためにテーブルに飾ったあと、場所を変えて気温の低い場所に飾るといいですね。

チューリップの切り花の丈が伸びた後の処理

寒い所に置いていても、気温が上がってチューリップの丈が伸びた場合は、一度オアシスから抜いて茎を切りましょう。切ってからまた挿しなおすとバランスが良くなります。

おわりに

アレンジを写真に残そう

庭やプランターに咲いているチューリップの楽しみ方が伝わったでしょうか。

私はアレンジをするだけでなく、アレンジやや庭を写真に残して楽しんでいます。花のある暮らしは、育てること、アレンジすること、飾ることと、たくさんの楽しみがあります。
あなたのご参考になりましたら幸いです。

体験レッスン~入会までの流れ

体験レッスンお申込みの流れ
入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。
また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。
入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

関連記事

  1. お花初めてさんのための本『切り花を2週間長持ちさせるはじめての花との暮らし』
  2. 花のある暮らしの始め方
  3. 小さな庭のガーデニング
  4. お供えのお花のお手入れ法
PAGE TOP
PAGE TOP