コラム

2021年12月お正月アレンジとレッスン風景のご紹介

アトリエでは12月25日ごろから年末29日まで、毎年お正月のレッスンを行っています。新品種の菊を選ぶ楽しみもあります。

みなさん「生花を飾ってお正月を迎えたい」と思って下さる方が多く、お仕事がお休みなる28日、29日が人気で、たくさんの生徒さんがお越しになりました。

お正月のレッスン作品 

新品種の菊を使って

毎年どの菊を使うか。
品種改良が進み、毎年美しく素晴らしい品種の菊が登場するので楽しく頭を悩ませます。

菊の名前はロサーノエリザベス

茶系のロサーノエリザベス。
エリザベスという名前は英国女王のように気品のあふれる佇まいから名付けられたそうです。イギリススタイルにぴったりの菊です。

形はイギリススタイルの伝統的なトライアンギュラーなのですが、和花を使ってお正月にピッタリなアレンジになりました。

基本形を学ぶと、シーズン毎に花材を変えてその時々のしつらえに似合うお花を作ることができます。

イギリススタイルのフラワーアレンジメントは、手順や挿し位置などのルールがありますので、それを覚えると自分でも美しいアレンジが作れるようになるのが、再現性があって素敵なところです。

菊の名前はアナスタシア ダークピンク

2種類目の菊の名前は、アナスタシア ダークピンク。
細い花びらがたくさんあって、とても大きく開く素敵な菊です。

普段はイギリスが大好きな私ですが、菊の香を吸い込んで、松やハボタンに触れると日本人でよかったなと思うのです。

季節や伝統行事を大切にしていきたいですね。

白い菊はかがり弁白。ジャパンフラワーセレクション2018-2019 受賞品種

こちらはお好きな菊を3種類選んでアレンジしていただきました。

上の白い菊:かがり弁白。ジャパンフラワーセレクション2018-2019 受賞品種
真ん中ピンクの菊:アナスタシアダークピンク
下の黄緑の菊:ゼンブラライム

日持ちはどれも素晴らしくて、冬場は2~3週間から1か月は咲いてくれると思います。

薄いピンクの菊はロサーノピンク

このこはロサーノピンク。
茶系の葉や紫系の花と合わせて、とてもシックです。

入荷日によって品種を変えましたので、いろんなタイプのアレンジができました。
みなさんのご自宅で、素敵なお正月を迎えていただけたらと思います。

お正月アレンジを年末ぎりぎりにレッスンをする理由

お正月アレンジ

アトリエフィーズのお正月アレンジレッスンは、毎年最終29日までやっております。その理由は一つです。
新鮮なお花で、美しいままのお花でお正月を迎えてほしいから。

菊が満開になって、ユリが咲き始めて香りがして、お正月3が日が見頃です。
寒い玄関などに飾っていただくと、1か月近く美しいままでいてくれます。お花を長く楽しむ秘訣は、新鮮な花でアレンジすることが大切なのです。

お花の教室のレッスン風景

アトリエフィーズのレッスンは、5人前の少人数でのレッスンです。
お花や学ぶことがお好きなで生徒さんたちがお越しですので、いつも前向きで明るい気が教室に流れています。

お花の教室のレッスン風景
アトリエフィーズレッスン風景
お花の教室のレッスン風景

2021年もたくさんのレッスンを通じて、皆さんと過ごす時間はとても幸せでした。皆さんにもそう思っていただけるように、今年もお花の楽しさを伝えていけるように頑張っていきたいと思います。

2022年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

関連記事:YouTube動画「玄関に飾るお正月アレンジの作り方」

関連記事:おしゃれなお正月アレンジの作り方と飾り方

 

 

体験レッスン~入会までの流れ

体験レッスンお申込みの流れ
入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。
また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。
入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

関連記事

  1. チューリップ
  2. ハーブの楽しみ方
  3. イヴ・ピアッチェのブーケ
PAGE TOP
PAGE TOP