コラム

フラワーアレンジメントの資格取得を目指す時に気をつけたい3つのポイント【資格取得】

フラワーアレンジメントの資格取得を目指す時の3つのポイント

フラワーアレンジメントの資格を取得したいと考えた時、ネットで検索してみてもたくさんあって迷うことが多いかもしれません。

今回は、資格を取得したいとお考えのあなたに、アトリエフィーズを24年前にオープンして、ずっと花仕事を続けている私が、何に気を付けて探せばよいかを3つのポイントに分けてご紹介したいと思います。

1.なぜ資格が取りたいと思うのかを確認しよう

「資格を取得したい」と思う、その理由は何ですか?

①将来教室を開きたい

②将来ネットショップが開きたい

③なんとなく資格があると安心だから

④資格を取って花屋さんに勤めたい

理由はいろいろあると思います。

その理由によって、

フラワーアレンジメントの資格だけが取れるのか、

資格取得後のフォローアップやフラワービジネスまで教えてくれるところなのか

など、選ぶスクールや教室が違ってくると思います。

まずはあなたご自身が、なぜフラワーアレンジメントの資格を取りたいと思っているのかを明確にして下さい。

投稿を表示

2.どのようなスクールを選べばよいのでしょうか

インターネットを探してみると、国家資格や民間資格など、資格を取得できるスクールや、取得にかかる期間もいろいろあって、迷ってしまうかもしれません。

フラワーアレンジメントの資格を取得できるスクールを選ぶポイントとして、デザイン技術のほかに、何を教えてくれるのかを確認することをお勧めします。

例えば

*季節に出回る花の種類

*水切りや水揚げの方法とその理由

*長く咲かせるための知識

*花の品種名

などを、レッスンの時に教えてくれるところが望ましいと思います。

なぜかというと、花を長く美しく咲かせてこそ、花のある暮らしを楽しむと言えると思うからです。

レッスンに来て下さる生徒さんや、オーダーをくださるお客様のところで、アレンジした花が長もちすると、とても喜ばれます。

花を長持ちさせるための、花の切り方や水揚げの知識は、アレンジメント技術と同じくらい重要なことがお分かりいただけましたら幸いです。

3.資格とビジネススキル

フラワーアレンジメントの資格取得後に、花の仕事に就きたいとお考えの場合は、資格取得後にビジネススキルを教えてくれるスクールがおすすめです

フラワーアレンジメントの資格をどれだけたくさん取得しても、技術があることと、仕事を始められることとは全く別物です。

しっかり技術を学んで資格を取得した後は、マーケティングや情報発信などを学び、お花の仕事で活躍できたらいいですね!

そして何よりも、ともに学び発展を応援しあえる仲間がいると、心強く推進力になると思います。

一般社団法人フラワーワークスジャパンでは、花仕事支援セミナーを開催して、花を仕事にしたいあなたを応援しています。

(下記枠内のタイトル 「ビジネスが学べる~花仕事支援セミナーⅠ」をクリックしするとFWJサイトに飛びます)

体験レッスンからはじめてみませんか

アトリエフィーズは一般社団法人フラワーワークスジャパンの本校として、イギリススタイルフラワーアレンジメントの技術の普及と、花のある暮らし方を提案しています。

フラワーアレンジメントの資格をご検討でしたら、まず体験レッスンへお越しください。ご希望やレッスンの進め方などのご相談も伺っております。お気軽にご相談ください。

http://atelierfs.blue-glim.com/cms/school/trial.html

フラワーアレンジメント 体験レッスン

教室の雰囲気やレッスン内容を確認されたい方のために、体験レッスンにご参加いただいております。作ったアレンジメントはお持ち帰りいただけます。必要なものはすべてご用意しておりますので、手ぶらでお越しいただけます。(お持ち帰り用バックをプレゼント)
フラワーアレンジメントの資格取得を目指したい方もお気軽にご相談ください。ご入会は随時。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。
◆ご参考◆
*レッスン日 水曜~土曜日 *10時 *13時 *15時(15時のみ設定のない日がございますのでご相談くだいさい)
*オンラインレッスン *木曜日 15時 *日曜日 10時・13時
レッスン日は固定ではありませんので、毎月上記の曜日、時間の中から自由に選べます。月1回からレッスン可。試験対策は週1回、週2回、1回に2レッスンなど、あなただけのレッスンスケージュールを組んで進めていくことができます。
(上の黄緑色の説明アイコンを押すと体験レッスンのページに飛びます)

関連記事

  1. フラワーアレンジメント教室の選び方
  2. オンラインレッスン
  3. アトリエフィーズについて レッスン風景
PAGE TOP
PAGE TOP