コラム

必要な単位数や費用は?FWJ資格取得までの流れ

FWJの資格を取得するためには?

FWJの資格には2種類あります。
フレッシュフラワー(生花)とプリザーブドフラワーです。

フレッシュフラワー(生花)は必要単位を取得後、年2回開催される資格試験の合格を目指しましょう。
プリザーブドフラワーは認定資格となっていますので、単位を修了すれば試験なしに資格認定を受けられます。

ここでは、フレッシュフラワー(生花)でベーシック1合格までを例にあげて、資格を取得するまでに必要なことと、その流れをご説明いたします。

資格取得するまでに必要な単位と費用について

アトリエフィーズ資格コースレッスン

試験を受けるまでに必要な単位

フレッシュフラワー(生花)のベーシック1コースは、5パターンの必須科目と10パターンの選択科目が課題と設定されています。
必須科目の5パターンは4講座ずつ20単位、選択科目の10パターンからは5講座を選択し5単位、くわえてフリー講座で必須科目/選択科目の中から5パターンを選択し5単位、計30単位が試験を受けるために必要な単位数になります。

試験取得のために必要な費用

(例)
イギリススタイルフレッシュフラワー ベーシック1コース
1レッスンの費用は¥7,700 (税・花材・講習費が含む)
30単位の合計¥231,00。

【支払い方法】
一括ではなく、毎レッスン時に7,700円のお支払いになります。
1日に3レッスンまで取得可能ですので、その時は7,700×3=23,100をお支払いください。

【試験費用】
(例)ベーシック1
実技試験¥11,000
学科試験¥3,300

【認定費】
(全コース共通)
¥55,000が別途必要になります。

イギリススタイルフレッシュフラワー ベーシック1コース 取得までの流れ

  1. まずは必要な単位を取得する
  2. 試験の時間内でアレンジできるよう時間を計って練習する
  3. 先生と相談し、補講で最終確認をする
  4. 学科試験対策をする
  5. 試験に申し込みをする
  6. いざ、受験へ
  7. 結果発表

1.必要な単位を取得する

試験を受けるためには、30単位を取得していくことになります。
どの程度通えばいいのか?という点については、いつ頃資格取得したいのか考え、計画を立てます。

例えば1年後の試験に合格したいのであれば、単純に計算すると月3回のレッスンで可能になります。
FWJの試験は1ヶ月前までに受験必須講座数を修了しておく必要があるので、1ヶ月に3~4単位取得しておけば余裕ができると思います。

【短期集中レッスン】
短期集中レッスンもご用意しています。月6~10単位を取得することも可能ですのでご相談ください。

アトリエフィーズでは、お好きな日にち・時間にレッスンに来ていただけるフレキシブルな体制を整えています。また、1日に2レッスン、3レッスンといったレッスンの仕方も可能ですので、目標にあわせてレッスンに来ていただくことができます。

教科書、挿し位置図、レッスン動画をご用意しておりますので、予習復習が可能です。レッスン環境が整っていますので、安心して取り組めると思います。

2.試験の時間内でアレンジできるよう時間を計って練習する

ベーシック1の実技試験の時間は25分間です。
仕事の現場ではスピード勝負、短時間で美しいアレンジを作ることが求められるためです。

タイムアタックの練習をするためには、まずは一通りのアレンジが1人で作れる必要がありますので、サイズや挿し位置を覚えることが必須になります。
覚えた後は、先にも書いたように、教科書、挿し位置図、レッスン動画をみながら予習復習をして身に着けていきましょう。

3.学科試験対策をする

FWJの資格試験では、実技試験の他に学科試験があります。

過去問をお渡ししていますので、それに沿って学習してください。
ベーシック1では5パターンのアレンジメントの図解とレジュメの他、花材の種類やイギリススタイルの定義は必ず出題されます。他もありますが、きっちり予習していれば大丈夫ですので、焦らず対策していきましょう。

4.試験に申し込みをする

FWJの資格試験は年2回、2月と7月に行われています。
受験申込書はアトリエフィーズでご用意しています。

FWJ試験の受験資格は「受験日の一ヶ月前までに受験必須講座数を履修し、講師によって証明された者」
これを満たし、受験料を振り込んでから、下記のものを試験日3週間前までにFWJ事務局へ到着するよう送付します。

・受験申込書
・受験料の振込受付証のコピー
・単位表

受験申し込みが確認されると、受験票と当日のスケジュール・会場などの詳細についてのお知らせが事務局より届きます。この受験票を受け取ると、試験申し込みが完了です。

5.受験へ

試験日当日、指定された時間に指定された場所へ向かいましょう。

【持ち物】
受験票・花器・ハサミ・筆記用具・持ち帰り用の袋」

実技試験で使用する花材・フォーム・リボン・ペーパーなどは当日支給されます
受験票を忘れないようご注意ください。

【試験内容}
(例)ベーシック1
実技試験は25分
学科試験は45分が制限時間となっています。

【実技試験の内容】
「必須科目5パターン」の中から、どれか1種類が当日発表されます。その場で抽選で決定されるので、どれがきても自信を持って制作できるよう、研鑽を積んで臨みましょう。

7.結果発表

試験結果は後日郵送で発表されます。
合格された場合は、認定費として¥55,000を振り込みます。

認定証は直近のランチミーティングか周年パーティで一人ひとりお渡ししています。参加できない場合はアトリエでお渡しします。

実技・学科どちらか一方でも不合格だった場合、合格とはなりません。
追試はありませんので、次回の試験を待つことになります。
再受験の場合、合格した方は免除されます。(1回のみ適用)

予習・復習を繰り返し技術を身に着け合格を目指す

以上が、FWJフレッシュフラワー(生花)のベーシック1コース資格取得までの流れになります。

アレンジメントの教室をしたい、ウェディングフラワーに携わりたい、ギフトショップを開きたい…それぞれの夢や目標こそ違いますが、起業・開業を目指す人の力になる資格です。
反復練習を行い、技術を身に着け、手に職をつけ、夢を実現させましょう!
アトリエフィーズは全力でバックアップします。

体験レッスン~入会までの流れ

体験レッスンお申込みの流れ
入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。
また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。
入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

関連記事

  1. フラワーアレンジメント教室の選び方
  2. オンラインレッスン
PAGE TOP
PAGE TOP