100個の球根とチューリップ | アトリエフィーズ


100個の球根とチューリップ

2017年2月16日




こんにちは、スタッフの彩絵です。
日頃はウェブサイトの制作・更新などを行っています。
あまりアトリエに降りる機会はありませんが、ブログのことやカメラのことなどわからないことがありましたらお気軽にお尋ねくださいね。
 

100個のチューリップをイングリッシュガーデンに植える

さて、先日更新しましたスタッフコラム「イングリッシュガーデンでアレンジに映えるハーブを楽しむ」で触れましたアトリエフィーズの小さなお庭。
今はまだ2月、暦の上では春でも気温は冬真っ只中ということで少しさみしげなお庭ですが、実は春には100個ものチューリップが咲く予定です。
 
というのも、11月中頃、Twitterにて株式会社国華園さんのツイートを拝見したのがきっかけ。
 


※その後無事完売されたそうで、現在はこちらのキャンペーンは行われておりません
 

 

チューリップ / ユリ科チューリップ属
球根ができ、形態は有皮鱗茎。和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)、中近東ではラーレ(トルコ語: lale、ペルシア語: لاله‎ など)と呼ばれる。アナトリア、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯が原産。
@Wikipedia

 
チューリップといえば、大人から子どもまでとても馴染みが深く、かわいらしい印象のお花。
おなじみの形をしたものはもちろん、近頃では品種改良が進み、様々な花びらの形・鮮やかな色の品種が数多く生み出されています。
 
たくさんのチューリップが咲く庭にしたい!と思い、早速球根を購入。
届いたたくさんの球根たちがこちら!
 

 

土をつくり、球根を植える

植える箇所を決めたらスコップで掘り起こし、腐葉土を混ぜて耕します。
チューリップは10cm程度のところに埋めたらいいということですが、土が硬かったので一度15~20cm掘り返し、耕してから均しました。
 

 
隙間は球根1つ分ほどあればということでしたが、今回は少し狭め。
群生しているような姿になればいいな、と思いながら、一つひとつ球根の向きを揃えて埋めました。
 

 
芽が出るまで寂しい姿になってしまうので、合間にパンジーやクリスマスローズも合間に。
 

 
2016年11月13日に植えましたので、そろそろ芽が出て来るのではないかと思います。
春にはきっとたくさんのチューリップが花を咲かせてくれると思いますので、アトリエにお立ち寄りの際はぜひ気にしてみてくださいね。
 
チューリップ畑になりましたらまたこちらでも報告いたします。



体験レッスン~入会までの流れ

入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。

また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。

入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

trial

ban_trial


«   »
cアトリエフィーズAtelier F's All rights Reserved
*アトリエフィーズは、一般社団法人Flower Works Japanの代表理事校です*