コラム

2015イギリスプチ花留学003 ヒースロー空港とパディントン駅

みなさまこんにちは。アトリエフィーズ代表の谷川文江です。
前回は花紀行と言っていきなりお花のことを書き始めましたが、イギリスに入国したところから交通事情などから順を追って書いていきたいと思います。
 

diary1394

 

2015年のイギリスへは5月末から6月はじめにかけていってきました。
ヒースローに着くとヒースローエキスプレスに乗ってパディントンに向かいます。所要時間約20分くらい。
成田や関空から発つときには日本人もたくさん飛行機に乗っていますが、空港に着いたとたん周りは外国人ばかりになって、いきなり「ひとり」だと感じます。

 
黄色いサインを見ながら、一人旅が始まります。
空港での写真はまだ半そでの方も見受けられますが、ついたとたんめちゃくちゃ寒かった!
出国のとき、5月末の東京の気温は30度。まれに見る真夏日に出かけたのですが、イギリスは寒波が来ていて
10度を下回っていました。

 
diary1395
パディントン到着。
プラットフォームにいる人はダウンを着ています。
よりそった素敵なシーンですね。

 
diary1400

 

駅から構外へ出るところ。
ここからロンドンの街へ出られますが私はそのままチケットを買って、バースへ直行です。

 

 
diary1399

 
チケット売り場。
曜日や時間帯によって値段がかわり、慣れるまで買うのがとっても難しい。
年に1度しか行かないので、行く度に忘れて隣にいるひとに聞いてしまいます。
毎回親切な人にあたり、目的を達成できるのです。

 
大阪や神戸で地図を片手に迷ってる外国の人を見ると、
たいしてしゃべることも出来ないくせに「May I help you?」と声をかけるのは、
どこにいいっても助けてくれる人たちがいるから少しでもの恩返しのつもりなのです。

 

diary1401

 

 
チケットが買えてからも、ここからがまた大変。
何本もあるプラットホームの何番に自分が乗る電車が入ってくるのかが、出発時間のぎりぎりまでわからないのです。
 
この電光掲示板とにらめっこ。
わかった瞬間にスーツケースを引っ張って、ダッシュで改札を通り抜け指定席でない空いている席をさがして乗り込みます。

 

diary1397

 
発車したらあとはのんびり2時間半の旅。
飛行機で12時間くらい乗っているので、2,3時間はあっという間です。
 
車窓は麦畑や菜の花畑や、芝にタンポポが咲く丘陵を越えてのどかな風景が続きます。
牛や馬や羊もいてレンガのうちが立ち並び、
はじめて見たときは青い空に広がる黄色い丘が目に飛び込んできて、ほんとに感動しました。

 

 
diary1398

 
無事にバースに着きました。
自力で電車のドアをあけて、スーツケースを持って飛び降ります。
イギリスの電車って自動ドアではないのです。
 
各電車には入り口付近にスーツケースを置く棚がついており、旅行者ありきの鉄道になっています。
そういえば、新幹線や地方のJRにはそのようなものはないですね。
旅行者が増えている日本も対策をしないといけませんね!

 

 

diary1396

 
さあ、バースに到着しました。
とても寒いのでセーターとカーディガンの上にコートを羽織ストールを巻いて降り立ちました。
 
2015年度で3度目のバースです。
次は宿泊先や街のことを書きたいと思います。

 
つづく

フラワーアレンジメント 体験レッスン

教室の雰囲気やレッスン内容を確認されたい方のために、体験レッスンにご参加いただいております。作ったアレンジメントはお持ち帰りいただけます。必要なものはすべてご用意しておりますので、手ぶらでお越しいただけます。(お持ち帰り用バックをプレゼント)
フラワーアレンジメントの資格取得を目指したい方もお気軽にご相談ください。ご入会は随時。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。
◆ご参考◆
*レッスン日 水曜~土曜日 *10時 *13時 *15時(15時のみ設定のない日がございますのでご相談くだいさい)
*オンラインレッスン *木曜日 15時 *日曜日 10時・13時
レッスン日は固定ではありませんので、毎月上記の曜日、時間の中から自由に選べます。月1回からレッスン可。試験対策は週1回、週2回、1回に2レッスンなど、あなただけのレッスンスケージュールを組んで進めていくことができます。
(上の黄緑色の説明アイコンを押すと体験レッスンのページに飛びます)

関連記事

PAGE TOP
PAGE TOP