コラム

整理整頓のコツ~お花の教室の収納

お花を飾ろうと思ったら、部屋を片付けたくなりました!
アトリエフィーズにレッスンにお越しになったみなさんがよく口にされる言葉です。
前回は収納について書きましたが、今回は整理整頓について書いてみたいと思います。

2.整理整頓する

収納はもののあるべきところを作って次に使いやすく片付けるということでしたが、
整理整頓は序列を作るということとそれを維持するということに尽きると思っています。

たとえば本の収納。
写真の中に1~3と番号をふりました。扉のなかと表に出してある本はそれぞれカテゴリーで分けています。

1の扉

  • 上段 テーブルクロス
  • 中段 ガーデニング関係とアルバム
  • 下段 インテリア関係と資料

2の扉

  • 上段 ウェディングとイギリス関係の雑誌
  • 中段 過去の手帳とフォトフレーム類
  • 下段 インテリアの洋書(雑誌)

3のオープン棚


オープン棚は洋書のハードカバー
オープン収納にするときは倒れにくいもや見た目がそろっていて美しいものに限ります。

マグやガラス花器用のオープン棚


マグカップやガラスの花器も正面の棚が定位置です。
整然としながらラフさもある。堅苦しさのないのが私流です。

このように分類するとどこに何があるのかがわかりやすく、すぐに取り出せますね。

そして一番重要なのが、片付けるときに使ったものすべてを元あった場所に戻すということ。
使うたびにちゃんと元に戻せばすぐに美しい状態に片付きます。

資材をしまっているクローゼット


収納棚やクローゼットは必要な高さに棚をつけて、なるべく同じ材質のものや季節のものを近くに収納します。
減ったら仕入れ、仕入れたら同じ場所にしまう。この繰り返しです。

特にいろいろ探して見つけたオアシスの48ブロックが箱ごと入る収納棚は、箱の上まで余すところなく使えてほんとに重宝しています。

あと忘れてはいけないのが、なんでもしまえる引き出しも用意しておくこと(笑)

なんでもしまえる引き出し

この引き出しは雑多な道具をなんとなく分けてしまっています。
ないと困るけどめったに使わず、かといって分類できるほど数がないのに種類が多い。
そういうものばかりを入れる場所を確保しておけば必要なときにそこを見れば何かが出てくる。
大雑把な引き出しがあると気も楽ですね。

  1. オープン収納
  2. きちんと仕分けして収納
  3. 雑多なものをまとめて収納

この3つを使い分けて心地いい空間を維持してみてくださいね!

次回はインテリアの考え方について書きたいと思います。

体験レッスン~入会までの流れ

体験レッスンお申込みの流れ
入会して頂く前に、アトリエフィーズでは体験レッスンをお受け頂いております。 体験レッスンでは、通常のレッスンと同じ花材の量・時間をかけてお教えしておりますので、入会してみたら内容が全然違った…なんてこともございません。
また、カウンセリングの時間も設けていますので、資格が取りたいのか?趣味で続けたいのか?など、ご希望や、今後の進め方についてもお話いただけます。無理に入会や資格の取得を勧めることは一切ございませんのでご安心ください。入会を決められましたら、次回のレッスン時に入会金をお支払い頂いています。
入会は随時受付中。お好きな時期からレッスンを始める事ができます。

関連記事

  1. インテリアのテイストを考える
  2. フラワーアレンジをおしゃれに飾る方法
PAGE TOP
PAGE TOP