006 / エディブルフラワークッキーでティータイム♪ | アトリエフィーズ


006 / エディブルフラワークッキーでティータイム♪

2017年6月16日




日本は四季折々の美しさがある国で、お花はその時その時に可愛らしくも力強い姿を見せてくれますね。また、飾ったり育てたり、様々な方法で私たちを楽しませてもくれます。
近年、「花を食べる」という分野でも注目されています。 エディブルフラワーというお花を知っていますか? スタッフコラム第6回目は、食べられるお花、エディブルフラワーをご紹介します。         エディブルフラワーとは?

    今回は、エディブルフラワーを実際に使用したクッキーを作るレポートです!
市販のクッキーをにデコレーションする簡単レシピなので、時短クッキングで簡単におしゃれに美味しく作れます。 材料もエディブルフラワー以外は、お近くのスーパーで購入できるものばかりです。     材料はこちら    

    ・レモンとエディブルフラワーは綺麗に洗っておきます。 ・エディブルフラワーは茎が長い場合はカットしておきます     1 レモン果汁を絞る。レモングレーズにレモンピールが入っている方がお好きな方は、お好みでレモンの皮をすりおろしておきましょう。     2 鍋にシュガーパウダー1袋とレモン果汁大さじ1~2を加えて、シュガーパウダーが溶けるまで弱火にかけながら混ぜる。     このレモングレーズが結構早く乾くので、手早くクッキーに塗っちゃいます。     3 レモングレーズが出来たら固まらないうちにクッキーにかけ、エディブルフラワーを飾り付ける     4 レモングレーズが乾いたらデコレーションペンでデコって完成!         レモン味がしっかり効いたエディブルフラワークッキーの完成しました。
エディブルフラワー自体は、お味はしないようです。
視覚で楽しめる可愛くて美味しいクッキーになりました。 写真映えもばっちりなので、お茶会や差し入れにもぴったりですね。   今回作ったクッキーは、レッスン後のテイクノートの時間にローズヒップティーと一緒にお出しいたしました。 美味しい、可愛い、というお声を頂けて本当に良かったです。 育てる、アレンジする、飾る、加工する、プレゼントする、写真を撮る、たくさんのお花を楽しむ方法がありますが、 ビオラやパンジーなど、園芸などで親しみのあるお花を食べるという、普段と違った視点で楽しんでいただけたのではないでしょうか。  
クッキーの他にもサラダやお菓子など、他にも幅広い料理でエディブルフラワーを楽しめるようなので、また挑戦してみようと思います。       今回エディブルフラワーを購入したお店はこちら  プラッツオンラインショップ    



 
c西宮でフラワーアレンジメントの資格取得なら アトリエフィーズ All rights Reserved
*アトリエフィーズは、一般社団法人Flower Works Japanの代表理事校です*